アウトドア

エクスカーションティピーでキャンプをより楽しむ為のおすすめギア6選!

この記事はこんな人におすすめ
  • エクスカーションティピーに合うペグは?
  • エクスカーションティピーと相性のいいギアが知りたい
  • エクスカーションティピーでのキャンプをもっと快適にしたい

ソロでも使える程設営が簡単でありながら、広い居住空間で快適に過ごせる優秀なワンポールテントであるエクスカーションティピー。

低価格でありながら扱いやすさや快適さレベルが高く、性能・コスパ面ともに初心者にもおすすめのワンポールテントです。

今回の記事ではそんなエクスカーションティピーをソロ・グループキャンプ共に愛用している筆者の視点で、ペグやコット・タープなど様々なおすすめギアを紹介していきます。

Gman

実際に使って「本当に良かった」と感じた物だけを紹介します。

エクスカーションティピーでの更に快適なキャンプのお手伝いができたら幸いです。

【レビュー】コールマン エクスカーションティピー325 代用可能なグランドシートも紹介初心者にもオススメのワンポールテント、エクスカーションティピー/325のレビュー記事です。代用可能なグランドシートについても紹介しています。 進化版のエクスカーションティピーⅡ/325の進化もあわせて紹介します。...

1.エリッゼステーク 鍛造ペグ

最初におすすめするギアは、砂利や石に当たっても強引に叩き込めるだけの強度がありカラーバリエーションも豊富な鍛造ペグ“エリッゼステーク”。

エクスカーションティピーを含むワンポールテントはペグをしっかり打たないと自立することができず、設営途中で一本でもペグが入らなくなると設営が進まなくなってしまいます。

Gman

最悪の設営場所を変えてペグを打ち直す手間がかかってしまうことも…。

エリッゼステークであれば設営途中で多少石に当たっても、そのままハンマーで叩き込めるためペグを打ち直す必要もありません。

たくさんのペグを打つ必要があるエクスカーションティピーの設営を非常にスムーズに進めることができるためおすすめです。

ちなみにエクスカーションティピーの設営に必要なペグの本数は合計15本

インナーテント・フライシートに使用する10本だけでも鍛造ペグを持っていると安心です。

Gman

5本はストームロープ用で、石に当たったら別の場所に打ち直せるので鍛造でなくてもあまり問題になりません。

エリッゼステークの長さは18/28/38㎝の三種類がありますが、土のサイトの場合は18㎝で十分設営可能です。

【村の鍛冶屋】2年使ったエリッゼステークペグをレビュー!【オシャレで頑丈】エリッゼステークのペグを2年使ったうえで、外観や強度・使用感など様々な点でレビューしていきます。エリッゼステークのペグは頑丈でカラーバリエーションも豊富。初心者にもおすすめの1本です。...

2.タープ コールマンヘキサライトⅡ

エクスカーションティピー一緒に使うタープとしておすすめなのが、同じくコールマンから発売されているヘキサライトⅡ。

created by Rinker
¥13,979 (2022/05/28 11:01:05時点 楽天市場調べ-詳細)

大人4人くらいまでゆったりとくつろげる広さのあるタープで、3~4人用テントであるエクスカーションティピーにもピッタリのサイズです。

ヘキサライトⅡを使えば、もともと広めなエクスカーションティピーに更に広い居住空間を足すことができます。

Gman

エクスカーションティピーとヘキサライトⅡは色の系統も近く、一緒に設営しても色合いにちぐはぐ感が出ません。

エクスカーションティピーはワンポールテントでありながら前室が有ることが魅力ですが、通り雨や日差しを避けつつ長時間過ごせるほどの広さはありません。

ヘキサライトⅡはエクスカーションティピーの前室にキレイに被せつつ設営ができ、雨や日差しを一切浴びることなくテントの出入が可能。

テントの入り口とタープがきれいに重なります。

夕立や日差しに悩むことの多い夏場のキャンプを快適に過ごすためには特におすすめのアイテムです。

3.FUTUREFOX コット

キャンプの夜、快適な睡眠の強い味方となるのがコット。

コットを使えば地面の凹凸や石の固さなどを気にすることなく、地面からの冷えや熱も遮断されるため自宅のように快適に眠ることができます。

室内が広いエクスカーションティピーは、よほど大きいコットでなければ2台入れても歩くスペースを十分に確保することができます。

エクスカーションティピーにピッタリ収めるなら、デザインがオシャレで寝心地も快適なFUTURE FOXのコットがおすすめです。

FUTUREFOXのコットはローコット・高さ調整可能な2Wayコットの2種類が販売されていますが、エクスカーションティピーの中で使用するならローコットが特におすすめ

ローコットは価格が安い事はもちろんのこと、コットの背が低い事で壁からの距離をしっかり取ることができ、寝袋やコットが結露で濡れるのを防ぐことができるメリットがあります。

Gman

背の高いコットを使うと頭や寝袋のつま先側がテントの壁に当たってしまうかもしれません。

ちなみに寝心地や価格の面ではローコットがおすすめですが、設営の楽さでは2Wayコットの方が優秀です。

2Wayコットはレバーを握りこむだけで脚部パーツをロックできるため、ローコットに比べて少ない力でコットを組み立てることができます。

ローコットに近い高さで使用することもできるため、予算に余裕が有る方や楽に組み立てたい方は2Wayコットがおすすめです。

【キャンプで熟睡】超快適なFUTURE FOXのコットを徹底レビューFUTURE FOXのコットを実際に使用した感想をまとめました。 コットの寝心地だけでなく、組み立て難易度や他のコットとの比較も含めてレビューしています。どこでも快適に眠れるコット、キャンプで大活躍すること間違いなしです。...

4.GENTOS LEDランタン EX-334D

テント内を照らすのに必須となるLEDランタン。

エクスカーションティピーは室内のランタンフックの位置が高く、テント内をしっかり照らすには下向きに照らせるランタンがベストです。

Gman

下を照らせないランタンの場合、壁を照らすだけであまりテント内は明るくありません。

EX-334Dはコンパクトでありながら最大440㏐と非常に明るいLEDランタンで、下向き照射が可能なのでまさにエクスカーションティピーにピッタリ。

単三電池4本を使用し、エネループなどの充電式電池も使えるためランニングコストも安いのが魅力のランタンです。

価格が安いながら耐水性・耐衝撃性なども備わっていて、ソロキャンプではメインランタンとしても十分な明るさがあるEX-334Dは、使用するテントに関わらず1台持っておいて損の無い優秀なランタンです。

コスパ最強!ソロキャンプにおすすめなLEDランタンEX-334D徹底レビュー高性能な照明器具を販売するGENTOS(ジェントス)のコンパクトLEDランタン、EX-334Dを徹底的にレビューします。最大で約440㏐の明るさがありながら価格は安くコンパクト、コスパ抜群な仕上がりとなっています。迷ったらひとまずコレ!とおすすめ出来るポイントや、細かなデメリットまで詳しく解説していきます。...
ソロキャンプにおすすめのランタン5選!快適に過ごすための選び方も解説ソロキャンプで使うランタンの選び方と、おすすめのランタンを5つ紹介。ソロキャンプの場合明るさは200~250㏐有れば十分とされており、実際それだけの明るさが有れば最低限キャンプを快適に過ごすことが出来ます。この記事では明るさ以外の観点も含め、ランタンの選び方とおすすめランタンについて解説していきます。...

5.コールマン ガソリンランタン 286A

2人以上での使用が多くなるエクスカーションティピーの場合、メインのランタンとして持って行くなら明るいガソリンランタンがおすすめです。

現在主流なガソリンランタンはコールマンから販売されているものが3種類ありますが、よほど大人数でなければ最も小さい286Aでも十分な明るさがあります。

created by Rinker
¥20,250 (2022/05/28 11:01:47時点 楽天市場調べ-詳細)

明るさ最大であればタープ内をしっかり照らせるだけの明るさがあり、点灯時間も約7.5~15時間とかなり長時間点灯できるのが魅力です。

Gman

LEDランタンやガスランタンと違い、毎回のキャンプで確実に満タンから使い始められるので夜間の燃料切れの心配もありません。

LEDランタンと比べると、手入れや点灯手順など若干手間がかかる部分もありますが、LEDでは出せない明るさや温かみのある光の色味は燃料式のランタンならでは。

照明として高性能なだけでなく、アウトドアらしさを引き立ててくれる優秀なガソリンランタンです。

【286A】コールマンのワンマントルランタンレビュー!初ガソリンランタンにも最適!初めてのガソリンランタンにもオススメな、コールマンのワンマントルランタン286Aをレビューします。明るさや使用方法、実際に使って感じたメリット・デメリットまで幅広く解説。メインランタンとして必要十分な明るさと、独特な味わいが魅力のランタンです。...
【写真付き】ランタンのマントル交換・から焼き方法解説【初心者向け】初心者向けに写真付きで、ガソリンランタンのマントル取り付け・交換・空焼きの方法から交換時期についてまで解説します。難しいイメージのあるガソリンランタンですが、実際に使ってみると意外と簡単。明るさとアウトドアらしい温かみのある光が魅力のガソリンランタンをぜひお楽しみください!...

6.TRIWONDER グランドシート

インナーテントが6角形のエクスカーションティピーで悩むポイントと言えば、適したグランドシートが見つかりにくいこと。

コールマンからもメーカー純正のインナーシートとグランドシートセットが販売されていますが、12,800円(税込)といくらサイズピッタリと言えどお手頃価格とは言えません。

そこでおすすめしたいのがTRIWONDERのグランドシート。

223㎝×304㎝とエクスカーションティピーのインナーテントよりも少し小さいくらいのサイズでグランドシートに丁度よく、撥水性も十分で雨の日でも床面からの浸水をしっかり防いでくれます。

Gman

何度か雨に降られていますが、テント内に浸水されたことはありません。

価格も安く性能も十分なため、メーカー品にこだわらない方にはおすすめのグランドシートです。

グランドシートとして他のものを選ぶ場合も、約220㎝×310㎝くらいを目安に選ぶと良いでしょう。

\安くてもサイズピッタリで耐水性抜群!/格安グランドシートをAmazonで見る

まとめ

エクスカーションティピーにおすすめなキャンプギアを6種類紹介しました。

この記事内で紹介したものは全て実際に使って良いと感じたものばかり。

エクスカーションティピーでのキャンプをより快適なものにできるはずです。

エクスカーションティピーをこれから使い始める人、これからキャンプデビューする方にとってこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。

Gman

ソロキャンプはもちろん、エクスカーションティピーで友人や恋人との快適なキャンプを楽しみましょう!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

【レビュー】コールマン エクスカーションティピー325 代用可能なグランドシートも紹介初心者にもオススメのワンポールテント、エクスカーションティピー/325のレビュー記事です。代用可能なグランドシートについても紹介しています。 進化版のエクスカーションティピーⅡ/325の進化もあわせて紹介します。...