アウトドア

【レビュー】コールマン エクスカーションティピー325 代用可能なグランドシートも紹介

キャンプをするなら必需品とも言えるテント。

選ぶにも種類が多くて悩んでしまいますよね。

今回記事にまとめたのは、独特なシルエットが印象的で、実用性も高いワンポールテント。

今回の記事では大手メーカーであるコールマンのワンポールテント、エクスカーションティピー/325を、実際に使った上でレビューします。

キャンプデビューのテントにも、ワンポールテントデビューにもオススメです!

こんな人にオススメ!

・簡単に設営できるテントが欲しい人

・ワンポールテントに興味がある人

・家族で使えるテントが欲しい人

他にも初心者向けのテントを紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください!

気軽に初キャンプ!初心者にもオススメな簡単設営テント10選 こんな疑問に答えます。 キャンプの醍醐味であり、初心者が悩みがちなポイントでもあるテント。 サイズや...

エクスカーションティピⅡがデビュー!

当記事で紹介するテントのニューモデルである、”エクスカーションティピⅡ”が、2021年2月5日に発売発売となりました!

公式動画は↑

 

使い勝手の良かった基本構造は引き継がれているようです。

旧モデルからの改善点を3つに分けて紹介します。

アイキャッチ画像の使いまわしですが、旧モデルはこんな感じ

これはアマゾン限定カラーのオリーブですが、新モデルはこれよりも明るめの色になっていますね。

後ろはこんな感じです。

生地がコットン風になった

動画内でも大々的に触れられていますが、テントの生地がテックスファイバーという素材になったようです。

コットンのような風合いで、色合いもいい感じ。

2万円台前半とは思えない雰囲気のテントになっています。

コットン風なのに雨に強いとかズルい。

インナーテントの色も白になっていて、メリハリがあって良いですね!

フライシートだけで自立する

新モデルはフライシートだけで自立させることが出来るようです。

「旧モデルでも出来るんじゃないの・・・?」

最初はそう思いました。

確かに旧モデルも立つ事には立つと思うのですが、1つ大きな違いが。

旧モデルは、全室用ポールの両端をインナーテントに固定していました。

そのためインナーテント無しでは出入口をキレイに張ることが出来なかったのです。

その点新モデルはフライシートに直接前室用ポールを取り付けるようになっているため、フライシートのみで自立出来るようです。

バーベキュー等の日よけや、フライのみでデイキャンプに使用するなど使い方の幅が広がりそうです。

インナーテント上部のメッシュ窓が大きくなった

何気に大改善だと思うのがインナーテントの通気窓が大きくなったこと。

旧モデルはインナーテントの左右に、縦長2等辺三角形の通気窓がありました。

他の窓もあるので通気には困りませんでしたが、上部から空気が流れてる感はあまりありませんでした。

しかし新モデルは、インナーテント前後に大きい窓がドンと付いています。

めっちゃ通気性良さそう!

これだけでもかなり結露しづらくなりそうです。

初心者でも安心の簡単設営

ここからは旧モデルを実際使ってレビューしていきます!

まず一つ目のオススメポイントは、初心者でも設営出来る設営の簡単さ。

慣れれば15分程度での設営も出来るでしょう。

設営手順は簡単にまとめると次の5ステップ。

  1. テントを広げる
  2. ペグ(杭)を打ち込む
  3. ポール入れ、インナーテントを立てる
  4. フライシート(テント外側のシート)をかける
  5. ロープを張る

複雑な作業無しで設営出来るので、初心者でも安心です。

公式で設営方法の動画が公開されているので、確認しておくとよりイメージしやすくなりますよ!

youtu.be

一人で設営する時の難点として、テントの高さが2mも有るので背の高い人でないとフライシートをかける時に少し苦労するかもしれません。

そんな時は、インナーテントを立てる前にテントの上にフライシートをかけて、フライシートごとインナーテントを立ててしまいましょう

グランドシートは社外品で代用OK

グランドシートには純正品が用意されていますが、私は社外品のもので代用しています。

テントよりちょっと小さいサイズで浸水も無くちょうどいい感じです。

何かと汚れやすいグランドシートなので、安価で代用品が手に入るのもうれしいポイントです。

ソロでも、ファミリーでも使いやすい広さと快適さ

f:id:Gman_tk:20201115224626j:plain

このテントは3~4人用ですが、収納時は1~2人用テントに近いサイズまでコンパクトになります。

収納時もあまりかさばらないため、広めのソロキャンプ用テントとしてもオススメです!

また、3~4人用テントなのでファミリーで使うにもちょうど良い広さ。

大人4人では流石に窮屈さは感じると思いますが、親子4人であれば十分寝られる広さです。

快適性・機能性も○

ベンチレーション(通気口)やメッシュが多いため通気性は良好です。

室内はまっすぐ立ち上がれるほどでは無いものの、立って着替えが出来る高さは有るので、室内の圧迫感も感じません。

前室は2ルームテントのように広くは有りませんが、突然の雨で荷物を避難させたり、靴を雨風から守る玄関の役割には十分なスペースがあります。

実際私もキャンプ中に急な雨に遭遇しましたが、室内はもちろん前室の靴まで完璧に雨から守ってくれました

十分な耐水性があります。

室内ポールのランタンフックや、テント内に設けられた収納ポケットなど、機能性も抜群です。

短所・注意点

全体的に優れた性能のエクスカーションティピー/325。

良い点ばかりでなく、少し気になった点もまとめておきます。

ペグの強度は低め

ペグの強度が低いため、別途頑丈なペグを用意したほうが良いでしょう。

ペグ無しでは自立できないワンポールテントですが、付属のペグは石などに当たると簡単に曲がってしまいます。

一度や二度の使用なら大丈夫だとは思いますが、スチール製などの頑丈なペグを用意しておくのがおすすめです。

フライシート取り付けにコツが必要

テントの背が高いため、フライシートをかけるのに若干苦労します。

二人がかりであれば問題ありませんが、テントに高さがあるため少しコツが必要になります。

ただポールを立てる前にフライシートをかぶせてしまえば問題ないので、問題にはならないかと思います。

まとめ

居住性がよく、設営も簡単なエクスカーションティピー/325。

オススメポイントをまとめると以下の通りです。

オススメポイント!

初心者、一人でも可能なほど設営が簡単

ソロはもちろん、ファミリーでも十分使える広さで収納時もコンパクト

必要十分な前室や通気性の高いメッシュの位置、高い耐水性能など実用性が高い

性能・価格の両方から見て、これからキャンプデビューする初心者や、3人程度でのキャンプを考えている方にオススメのテントです!

設営に煩わされることなく、快適なキャンプを楽しみましょう!