アウトドア

【村の鍛冶屋】2年使ったエリッゼステークペグをレビュー!【オシャレで頑丈】

こんな疑問を解決
  • エリッゼステークって良いの?
  • 鍛造ペグのメリットは?
  • 高いペグを買う必要性は?

テント付属のペグと比べて圧倒的に強度が高く、固い地面や砂利などにもしっかり打ち込むことが出来る鍛造ペグ。

優れた性能を持つ反面、テントにペグが付属しているのにあえて社外品を買う必要性があるのか疑問がある方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では実際に私が2年以上愛用している鍛造ペグ、エリッゼステークをレビュー・解説していきます。

created by Rinker
¥3,256
(2021/09/23 20:59:31時点 楽天市場調べ-詳細)

エリッゼステークの特徴や標準ペグと比べた場合のメリット、シチュエーション別の適切なペグの長さについても解説します。

Gman
Gman
エリッゼステークで設営のストレスを減らして、より自分好みのサイトを作り上げましょう!
\頑丈でカラーバリエーションも豊富/エリッゼステークをAmazonで見る

エリッゼステークの特徴&レビュー

まずは2年以上使用したエリッゼステーク(18㎝)をもとに、特徴を紹介しつつレビューしていきます。

頑丈で設営場所の自由度が高まる

鍛造ペグであるエリッゼステークの最大の特徴はその頑丈さ。

踏み固められた土はもちろん、ペグハンマーを使えば砂利の中にもガンガン打ち込んでいくことができます。

普通に使っていてペグが曲がってしまうことが無いのはもちろん、よほど大きな石に当たらない限りペグが止まってしまうこともありません。

先端も適度にとがっていて、小さい石なら砕きながら打ち込めます

テント付属のペグでは固くて打ち込めないような地面でも問答無用で叩き込めるので、テント設営のストレスを一気に低減することができます。

砂利だらけの場所にも打ち込めるので、河原にタープを張ってのバーベキューなんかにも最適です。

Gman
Gman
叩き込む時の「絶対曲がらない」と思える硬い手ごたえが頼もしいです。

エリッゼステークはワンポールテントなど、設営に多くのペグが必要なテントには特にオススメ。

普段はコールマンのエクスカーションティピーに使用しています。

【レビュー】コールマン エクスカーションティピー325 代用可能なグランドシートも紹介

ワンポールテントなど設営に何本ものペグが必要になる場合、一本でもペグが曲がってしまうとテント設営が進まなくなってしまいます。

エリッゼステークであればペグ打ち中に多少かたい地面に当たってもそのまま設営を続行出来るため、設営場所の自由度も高くなります。

楕円形上は回転しにくく、不意にロープが外れない

エリッゼステークの軸部分はただの丸棒ではなく楕円形上をしています。

そこまで極端な楕円ではないものの、これが効果絶大。

丸棒をL字に曲げた普通のペグは打ち込んでいる途中でクルクル回転しまうことも多いですが、エリッゼステークはペグ打ちの最後まで回転すること無くキレイに入っていきます。

ロープをかけるフック部分も深いU字形でしっかりしているため、万が一ペグが回ってしまってもロープが外れてしまうことはありません。

ロープに注意を払う必要が無くなり、ペグ打ちがかなりスムーズになります。

また通常の使用では回転しにくいものの、ペグハンマー等で90度回転させるとペグを抜きやすくなるのも特徴の一つ。

Gman
Gman
18㎝であれば普通に抜くことも出来ますが、抜きにくい時の手段のひとつとして役立ちます

エッジの無いデザイン

ロープが接触する部分はもちろん全体的にバリやエッジはキレイに処理されており、ロープが切れたり角で怪我をするリスクも低くなっています。

ペグハンマーを引っかける丸穴は大きめで余裕があるのも◎

ロープが接触する部分は一回り太くなっており、ただでさえ頑丈なペグの強度が一段と高められています。

ペグ上部にはペグハンマーを引っかける穴が空いているため、少し深めにペグを打ち込んでも簡単に引きずりだすことができます。

Gman
Gman
地面から顔を出す所にあるELLISSEのロゴも良い感じです。

カラーバリエーションが豊富

豊富なカラーバリエーションもエリッゼステークのペグの魅力のひとつ。

定番の黒以外にも赤・青・ピンクなどのカラーから始まり、銅メッキやクロムメッキ、2021年の新色としてベージュとオリーブも追加になりました。

数多くの色の中から自分好みのペグを選んでサイトのアクセントにすることができます。

粉体塗装はなかなか強く、何度も打ち込んでもほとんど剥がれることがありません。

さすがにペグの先端とハンマーで打つ頭の部分は塗装が剥がれてしまいますが、味として楽しめる範囲でしょう。

\好みの色でアクセントを楽しめる/エリッゼステークをAmazonで見る

18㎝は短い?

エリッゼステークのペグのラインナップの中では最も短く、価格も安い18㎝のモデル。

普通にキャンプ場でテント設営をする上では長さ不足を感じることは無く、入りが浅く抜けてしまうという事も基本的にはありません。

Gman
Gman
2年間いろいろな環境で使用しましたが、長さが足りずに設営が出来ないということはありませんでした。

とは言え柔らかい地面や砂利に打ち込んだときは、長さ不足でペグが抜けてしまう事も。

砂利に対して打ち込んだときは深さが足りず抜けてしまったり、雨の後で柔らかい土などに打ち込むと、ロープにテンションをかけた拍子に地面を掘り返しながら抜けてしまうこともあります。

河原や砂利のキャンプ場、土が柔らかく締まっていない場合は28㎝以上の長さのペグがおすすめです。

標準ペグと比べたメリット・デメリット

テントなどに標準で付属するペグとエリッゼステークを比較した時のメリット・デメリットを簡単にまとめます。

エリッゼステークのメリット

エリッゼステークの最大のメリットはテント設営のストレスを軽減できること。

どんな地面にも叩き込める強度と、回転せずペグが外れることの無い安定感でスムーズなテント設営をサポートしてくれます。

多少打ち込みに失敗してもペグが曲がることも無いため、設営に不慣れなキャンプ初心者にもおすすめです。

カラーバリエーションも豊富なため他のギアと色を合わせたり、アクセントにすることも可能です。

エリッゼステークのデメリット

エリッゼステークのペグは多くの場合6本又は8本売りとなっており、1本ずつのバラ売りはありません。

テントで使用する本数ちょうどで購入できるわけではないので、場合によっては2セット必要になります。

何かと色々なギアに使うペグなので余っても問題はありませんが、必要数丁度で購入したい人は注意しましょう。

オンラインで必要数丁度の鍛造ペグを揃えたい場合、スノーピークのソリッドステークもおすすめです。

\一本ずつのばら売りあり/
ソリッドステークをAmazonで見る

また標準ペグよりも重量が有るため、限界まで荷物を軽量化したい場合には向きません。

まとめ

エリッゼステークについて解説しました。

2年以上使用しても変形や曲がりは一切なく、テント設営のストレスを軽減してくれるエリッゼステークのペグ。

信頼性が高く様々な環境でテント設営を簡単にしてくれるため、一度使うともう標準ペグには戻れなくなります。

エリッゼステークで快適に、より自分好みのサイト作りを楽しむのはいかがでしょうか?

created by Rinker
¥3,256
(2021/09/23 20:59:31時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。