アウトドア

テントの寿命を延ばすグランドシート、必要性から代用案まで解説

悩んでいる人
悩んでいる人
  • グランドシートの役割ってなに?
  • グランドシートって何かで代用出来ないの?
  • なるべく安くキャンプギアを揃えたい

キャンプ用グランドシートに関するこんな悩みを解決していきます。

キャンプギアとしては少し存在感の薄いグランドシート。

「コレって本当に必要なの?」なんて感じる方もいることでしょう。

今回の記事では、グランドシートの必要性、選び方、種類の3構成に分けてグランドシートを解説していきます。

グランドシートを活用すれば、キャンプをより安心して過ごすことが出来ますよ!

気軽に初キャンプ!初心者にもオススメな簡単設営テント10選

【カテゴリ別】初心者が買って間違いなしのおすすめキャンプギア紹介

グランドシートって必要なの?

結論から言ってしまえば、泊りのキャンプであればグランドシートは必須です。

グランドシートにはいくつかの役割が有り、もしグランドシートを使用しないと様々な問題が発生する可能性があります。

役割1:床からの浸水を防ぐ

グランドシートを使用する一番の理由はテント底面からの浸水対策です。

グランドシートが無い場合、雨が降ってテント下に水が流れ込むとテント内に水が染みてきてしまいます。

耐水性能の高いグランドシートを敷いておけばテント内に雨が染みるのを防ぐことができ、安心して過ごすことができます。

役割2:テント底面の汚れを防ぐ

グランドシートを敷くことで、テント底面への草や土の付着を防ぐことができます。

テントの底が汚れてしまうと、キャンプ後の撤収作業時に汚れ落としのための余計な時間がかかってしまいます。

楽しかったキャンプを最後で残念なものにしない為にも、グランドシートでの汚れ対策は必須です。

役割3:テントへのダメージを軽減する

テントの底面は当然ながら地面と常に接触しています。

石や枝が落ちている地面にテントを設営すると、テントの底面がダメージを受ける原因になってしまいます。

しかしグランドシートが有れば、地面の凸凹からテントを守ることができ、テントに必要以上のダメージを与えずに済みます。

大切なテントを長持ちさせるためにも、グランドシートでテントの保護は欠かせません。

グランドシートの選び方は?

グランドシートを選ぶとき、もっとも重要になるのはグランドシートの大きさです。

雨水などの浸水を防ぐための目安として、テントの底面よりも一回り小さいグランドシートを選ぶようにしましょう。

テントよりも大きいグランドシートを選んでしまうとテントからはみ出した部分に水が溜まってしまい、かえってテント内に浸水しやすくなってしまいます。

使うテントにちょうどいいサイズのグランドシートが見つからない場合、少し大きめなものでもOK。

テント下に収まるようにグランドシートを折り込めば、大きめなものでも問題なく使用できます。

ビニールシート等をグランドシートとして代用する場合、水がしみないだけの耐水性があるものを選びましょう。

グランドシートの種類

単にグランドシートと言っても各メーカーから様々なものが販売されています。

グランドシートと代用品を大きく3つに分けて紹介します。

メーカー純正品

出典:DOD

最も安心して使用できるのは、テントのメーカーが販売する各テント用のグランドシート。

テントと位置を合わせやすいようにショックコード(ゴムひも)やバックルが付いているものも多いです。

テントに適した大きさで作られているためテントの底面を確実に守ることができ、サイズを間違える心配もありません。

価格は少し高めになってしまいますが、確実にテントを保護したい場合はメーカー純正が良いでしょう。

参考までにDODの2人用テントに適したグランドシートを紹介します。

社外製の汎用品

純正品にこだわらないのであれば、他社製の汎用グランドシートを使用するのもおすすめです。

Gman
Gman
実際私も純正品のグランドシートは使用したことが無く、社外汎用品のシートばかり使用しています。

テント専用ではない為、購入時にはテントとグランドシートのサイズをよく確認しておきましょう。

テントには必ず縦横の寸法が表記されているため、それよりも一回り小さいサイズのシートを選べば問題なく使用することが出来ます。

万が一大きすぎてテントからはみ出てしまっても、折り込んで使えばOK

小さすぎるものはグランドシートとして役割を果たせなくなってしまうので要注意です。

過酷な環境で使われるグランドシートですが、安価な汎用品であればグランドシート自体の汚れや劣化も気にせずガンガン使うことが出来ます。

テントに適したグランドシートのサイズを知りたい場合、Amazonのレビューに多くのレビューが寄せられているので参考にすると良いでしょう。

Amazonでグランドシートを見る

レジャーシート・ビニールシート

created by Rinker
¥2,970
(2021/07/31 11:30:14時点 楽天市場調べ-詳細)

ピクニック等で使うようなレジャーシートやビニールシートも、グランドシートとして代用することができます。

厚手のレジャーシートであればクッション性や断熱性も高いため、インナーマットなどをいくつも揃えなくてもテント内の快適性を向上させることが可能。

グランドシートとしては少しかさばってしまいますが、少ない道具で快適さを向上させたい場合にはおすすめです。

またキャンプ用ビニールシートとしては定番の、ユタカ#3000ODグリーンシートもグランドシートの代用としてはおすすめ。

created by Rinker
¥1,202
(2021/07/31 11:30:14時点 楽天市場調べ-詳細)

アウトドアにも馴染むオリーブカラーで違和感もなく、もともとが屋外工事での養生用シートなだけあって耐水性も抜群

少し重量があるのがネックですが、グランドシートとして活躍できる十分な性能を持っています。

サイズラインナップも豊富で、1.8m×1.8mで300円台からとコストパフォーマンスも抜群です。

コストを下げたい方には特におすすめできるシートです。

まとめ

この記事のまとめ

グランドシートの役割

  • テントへの浸水
  • テント底の汚れ
  • テントの破れやダメージの防止

グランドシート選びで重要なのは大きさと耐水性

テント専用品でなくても、汎用品やビニールシートで代用も可

キャンプをする上でグランドシートは必須アイテムです。

グランドシートを使うことでテントの寿命を延ばせるだけでなく、不意な雨でも安心してテント内で過ごすことが出来ます。

安いものでは数百円でそれだけの効果を得ることが出来るので、使わない手はありません。

万全な準備を整えて、安心で楽しいキャンプを過ごしましょう!

この記事で少しでも悩みが解決できていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログ村参加しています!良ければ応援クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村