アウトドア

ランタンの燃料の種類は?おすすめランタンとそれぞれのメリットも解説

このはこんな疑問を解決します
  • ランタン・燃料にはどんな種類があるの?
  • それぞれのランタンのメリット・デメリットは?
  • どんなランタンを選ぶべきか分からない

今回の記事では、意外と種類が多く迷ってしまいがちな“ランタンの種類”について解説していきます。

Gman
Gman

燃料の種類やらデザインやら、かなり多くて迷っちゃいますよね

ランタンは大きく分けると、燃料の種類別で4種類に分けることができます。

まずはじめにランタンの種類やメリット・デメリット、燃料について解説し、記事後半ではおすすめのランタンと順に解説していきます。

明るさ重視、安全性重視など、自分の好みや用途にあったランタンを見つけましょう!

燃料別 ランタンの種類

まずはじめに、燃料の種類ごとに4種類のランタンについて解説。

紹介する4種類
  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • オイルランタン
  • LEDランタン

どれも明かりを灯すという役割こそ同じですが、種類によって特徴は大きく異なります。

それぞれのランタンの特徴やメリット・デメリットについて順に解説していきます。

Gman
Gman

今回の4種には含んでいませんが、ロウソクを使ったキャンドルランタンも有ります

異なった燃料の使用はランタンが正常に点灯しないだけでなく、火災や事故の原因となります。必ずランタンに合った燃料を使用しましょう。

ガスランタン

非常に明るく取り扱いも比較的簡単なガスランタン。

マントルの空焼きなど下準備こそ必要ですが、ガソリンランタン等と違い給油の手間が無く、多くのものが点火ボタンを押して簡単に点火出来るのが魅力です。

同等の明るさを持ったガソリンランタンに比べて本体価格が安いのも特徴の一つ。

簡単な操作でしっかり明るいランタンが欲しい方はガスランタンがおすすめです。

サイズやデザインの種類が豊富なので、自分好みの1台を見つけることが出来るでしょう。

ガスランタンはマントルを発光させるタイプと、裸火で明かりにするタイプがあります。

今回はより明るい、マントルを使うタイプで解説します。

使用燃料:可燃ガス(ガス缶)

ガスランタンはその名の通り可燃ガスを燃料として使用します。

created by Rinker
¥2,221
(2021/10/16 08:52:32時点 楽天市場調べ-詳細)

燃料の種類は2種類あり、カセットコンロ等で使うCB缶、アウトドア用ガスとしてメジャーなOD缶等のガス缶を燃料として使用します。

使用するガス缶の種類はランタンによって異なるので要確認です。

事故や故障を防ぐため、ガス缶とランタンのは同じメーカーで揃えましょう。

メリット・デメリット

ガスランタンの魅力は明るさと取り扱いの簡単さを両立していること。

今回紹介する4種類の中では、操作が最も簡単なLEDランタンに次いで2番目に扱いやすいランタンと言っても良いでしょう。

燃料もガス缶をねじ込むだけで取り付け可能なので、アウトドア初心者でも悩むことなく使えるメリットがあります。

一方で点灯時間が少し短く低温にも弱いという弱点も。

予備のガス缶を用意したり、冬のキャンプではLEDやガソリンランタンを使用する等の対応が必要になるでしょう。

  • 非常に明るい
  • 取り扱いが比較的簡単
  • サイズやデザインの種類が豊富
  • ガソリンランタンと比べ本体価格が安い
  • マントルの空焼きが必要
  • ガス缶1本あたりの燃焼時間が短い
  • 冬など低温時期に弱い
  • 火傷の恐れがある

ガソリンランタン

ガスランタン同様非常に明るいガソリンランタン。

点灯させるのには手間がかかるものの、圧倒的な明るさで長時間点灯し続けることが出来るのが魅力です。

一晩中点灯させておいたり、アウトドアの夜を長時間快適に楽しみたい方はガソリンランタンがおすすめです。

コールマンのガソリンランタンは頑丈で予備部品も豊富なので、一生もののキャンプギアとして活躍してくれるでしょう。

Gman
Gman

私が使っているガソリンランタンも父が使っていたものを受け継いで使っています

ガスランタン同様、点灯にはマントルの空焼きなど準備が必要になります。

【写真付き】ランタンのマントル交換・から焼き方法解説【初心者向け】

使用燃料:ホワイトガソリン

ガソリンランタンは燃料としてホワイトガソリンを使用します。

ホワイトガソリンは燃料添加剤等が含まれない純度の高いガソリンで、一般的な自動車用ガソリンと違いホームセンターやアウトドア用品店で購入できます。

コールマンのデュアルフューエルランタンなど、一部のランタンでは車用レギュラーガソリンも使用可能です。

メリット・デメリット

ガソリンランタンの長所は、何といっても圧倒的な明るさを長時間持続できること。

明るく長時間光るため照明としてのポテンシャルが高く、暗いアウトドアの夜でも非常に頼りになります。

燃料も1リットルあたり1000円前後と比較的高価ですが、一度の給油で点灯出来る時間が長く結果的に燃料代が安く済む場合が多いです。

点灯に手間がかかってしまうのが欠点ですが、どの操作も難しいものではないのでそこまで問題にはならないでしょう。

  • 非常に明るい
  • 連続点灯時間が長い
  • ランニングコストが安い
  • 低温でも安定して点灯できる
  • マントルの空焼きが必要
  • 点灯に手間がかかる
  • 火傷の恐れがある

オイルランタン

ゆらゆらと揺れる炎の明かりを楽しめるオイルランタン。

他のランタンには真似できない癒しの空間を作ることができます。

明るさこそ控えめなものの、雰囲気や非日常感を味わうには最高のランタンです。

遠くまで照らせる程の明るさは無いため、サブランタンとしての使用がオススメです。

Gman
Gman

ソロキャンプであればオイルランタン1台で雰囲気を楽しむのも良いでしょう

操作に関してはそこまでの複雑さは無く、アルコールランプと同じような要領で点灯させることができます。

使用燃料:パラフィンオイル、灯油

オイルランタンはパラフィンオイル・灯油などを燃料として使用します。

created by Rinker
¥1,259
(2021/10/16 08:52:32時点 楽天市場調べ-詳細)

パラフィンオイルは引火点が95℃前後と高いため安全性が高く、匂いやススも出にくいため非常に快適に使用できる燃料です。

ハーブの香り付きで虫よけ効果のあるパラフィンオイルも販売されているため、夏場でも快適に使用できます。

一方の灯油は比較的火力が強く燃料代も圧倒的に安価ですが、パラフィンよりも揮発性が高く灯油特有の匂いがあります。

一般的に灯油の方がススが出やすいと言われています。

メリット・デメリット

オイルランタンの最大の魅力はゆらゆらと揺れる炎の雰囲気を楽しめる事。

落ち着きのある暖かい光は、他のランタンでは味わえないものがあります。

また少量の燃料で長時間点灯させることが可能なのもオイルランタンの特徴です。

フュアーハンド等のオイルランタンは200mlの燃料で約14時間点灯となっており、火を使うランタンの中ではトップクラスの燃焼時間となっています。

ただし明るさは決して明るいとは言えず、メインランタンとしての活用には向きません。

Gman
Gman
イメージとしては何本かロウソクを立てた誕生日ケーキの明るさといった感じ

ソロキャンプでの使用や、他のランタンの補助として雰囲気づくりに活用するのが良いでしょう。

  • 暖かみが有り落ち着いた雰囲気の光
  • 燃焼時間が長い
  • ガス・ガソリンランタンに比べ軽量
  • 照明器具としてはかなり暗い
  • 燃料をこぼさないよう給油には工夫が必要
  • 火傷の恐れがある

LEDランタン

年々主流になりつつあるLEDランタンは安全性が非常に高く、コンパクトでも明るいものが多いのが特徴です。

火を使わないため火傷や事故に繋がる危険性が非常に低く、子供連れでのキャンプでも安心して使用することができます。

一酸化炭素中毒の危険性も無いためテント内での使用も可能。

最近では百円ショップでもLEDランタンの商品ラインナップが充実してきており、最も入手が容易なランタンでもあります。

ソロキャンプからファミリーキャンプまで、1台は持っておきたいランタンです。

【100均ギア】ダイソーの550円LEDランタンレビュー【安くて使える】100円ショップダイソーの550円LEDランタンをレビューしました。高品質で明るさも十分と、100均商品のイメージを良い意味で覆す超便利なランタンです。本体価格もランニングコストも安いためサブランタンとしても便利ですよ!...
【安全・高性能】クアッドマルチパネルランタン徹底レビュー 1台目にもおすすめなLEDランタン2年以上使ったコールマンのマルチパネルランタンをレビューしています。取り外し可能な高輝度LEDパネルが特徴のマルチパネルランタンは、初めてのランタンにも最適。アウトドアから防災まで、幅広く活躍してくれます。...

使用燃料:乾電池

当然ながらLEDランタンに使うのは燃料では無く、多くのものは乾電池を使用します。

Gman
Gman

乾電池について改めて解説する必要はありませんよね(笑)

大型のランタンは単一電池を使用することも多いです。

ランニングコストが気になる場合単三電池で使えるランタンを選んだり,充電式の電池を使うのがオススメです。

メリット・デメリット

LEDランタンの最大のメリットは、扱いやすさと安全性が高いこと。

火を使わないため事故の可能性も圧倒的に低く、テント内でも安心して使用可能です。

サイズやデザインも豊富で、小型かつ高輝度なものもあるので荷物を減らしたい方にもピッタリでしょう。

ダイソーのLEDランタンコンパクトなダイソーのLEDランタン

安全・簡単・明るいと三拍子揃っており、使用前後のメンテナンスも不要なため、まさに初心者におすすめのランタンと言えるでしょう。

数少ない欠点として、アウトドア特有の不便さや非日常感を味わうと言う意味では火を使うランタンに劣ってしまいます。

明るさに関してもガスランタンやガソリンランタンには劣るため、とにかく明るさ重視の方はそちらがおすすめです。

  • 火を使わないため安全性が高い
  • ボタン一つで点灯でき、手間がかからず道具も不要
  • テント内でも安心して使用可能
  • 熱が出ないため使用後すぐに収納できる
  • 使用前後のメンテナンスが不要
  • 雰囲気では火を使うランタンに劣る
  • 明るさでは大型のガスランタンやガソリンランタンに劣る

結局どれがおすすめなの?

ここまでは各ランタンの特徴について解説してきましたが、

「結局どれが一番おすすめなの?」

と言う方向けに、使用目的別でおすすめのランタンを紹介します。

この場合はコレじゃなきゃダメ!ということはありませんが、ランタン選びに迷った場合はぜひ参考にしてみてください。

子供連れのファミリーキャンプにはLEDランタン

小さな子供を連れてのキャンプには、安全性の高いLEDランタンが断然おすすめです。

誤って触ってしまっても火傷の心配も無く、万が一転倒させた場合でも火災などの事故になることもありません。

ついはしゃいでしまいがちなキャンプでも安心して過ごすことが出来るでしょう。

ファミリーなど大人数で使用する場合、コールマンのクアッドマルチパネルランタンがおすすめ。

メインランタンとしても十分使える明るさなのはもちろん、4面のLEDパネルを取り外して小型のLED照明として使えるのが便利な1台です。

1台ではどうしても影になる部分が出来てしまうので、補助用に100円ショップのランタン等を購入しておくのも良いでしょう。

【安全・高性能】クアッドマルチパネルランタン徹底レビュー 1台目にもおすすめなLEDランタン

【100均ギア】ダイソーの550円LEDランタンレビュー【安くて使える】

恋人や友人たちとのんびり過ごせるガソリンランタン

星空の下、友人や恋人と夜の空気を長く楽しみたい方にはガソリンランタンがおすすめ。

明るさと点灯時間の長さを両立したガソリンランタンは、アウトドアの夜を楽しむのに最適です。

調理や食事の時間から就寝前まで何時間も点灯させ続けても、燃料切れの心配をせずにキャンプを楽しむことができます。

あまり大人数で無い場合、コールマンの286Aがおすすめ。

created by Rinker
¥19,640
(2021/10/16 08:52:32時点 楽天市場調べ-詳細)

1度の給油で7.5~15時間点灯させることができ、1リットル売りのホワイトガソリン1缶で2回満タン給油が可能です。

より明るさが欲しい方はマントルを二つ搭載した290Aも良いでしょう。

ゆったりと星空を眺めながら非日常感を存分に味わいましょう。

【雰囲気抜群】コールマンのツーマントルガソリンランタン徹底レビュー

落ち着いた1人の時間を楽しむオイルランタン

日常のストレスや面倒な人間関係を忘れ、落ち着いた1人の時間を楽しみたい方にはオイルランタンがおすすめ。

ゆったりとリフレッシュすることが目的であれば、オイルランタンの暖かく揺らめく光は日頃の疲れを癒すのにピッタリです。

点灯時間も長いため、夕方から夜まで長く使い続けることができるでしょう。

癒しを求める方には本気でおすすめしたい一品です。

オイルランタンとしてはドイツのフュアーハンド社やアメリカのデイツ社が有名どころではありますが、個人的にオススメなのはキャプテンスタッグ製のもの。

キャプテンスタッグ ランタン オイルランプ オイルランタン 中 ブロンズ UK-0506 CAPTAIN STAG

何といっても価格が安く軽量で、カラーバリエーションやサイズも豊富なのが魅力です。

他のランタンでは味わえない癒しの明かりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

ランタンの種類とオススメのランタンについて解説してきました。

安全性や簡単さを求める方はLEDランタン、明るさ重視であればガスランタンやガソリンランタン、雰囲気重視の方はオイルランタンを選ぶと良いでしょう。

ガスランタン ガソリンランタン オイルランタン LEDランタン
燃料 ガス缶 ホワイトガソリン 灯油、パラフィンオイル 電池、バッテリー
明るさ 非常に明るい 非常に明るい 暗い 明るい
簡単さ 簡単 手間がかかる 簡単 非常に簡単

最後になりますが、仮にランタンでどれかひとつだけ選べと言われたら個人的にはガソリンランタンが最もおすすめです。

明るさ・点灯時間ともに高性能であり、ガソリンランタンであれば照明としての能力で後悔することは無いはずです。

安全面や操作の簡単さではLEDランタンの方が上ですが、事前に調べておけばガソリンランタンも全く問題なく使用できます。

点灯方法やマントルの空焼きに関しては過去の記事でかいているため、ぜひそちらもご覧ください。

この記事が少しでもランタン選びの役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。