アウトドア

キャンプ初心者・親子でも安心!コテージ泊の魅力と注意点を解説

アウトドア初心者
アウトドア初心者
みんなでキャンプしたいけど、道具何もない・・・
アウトドア初心者
アウトドア初心者
子供と一緒の場合はコテージ泊が良いかな・・・?

こんな疑問に答えます。

 

ここ最近ブームが来ているキャンプ

ホームセンターや100円ショップでさえもアウトドア用品を見る機会が増え、

「キャンプやってみようかな?」

なんて考えている方も居るのではないでしょうか?

ただキャンプには必要な道具も多く、キャンプデビューのハードルは低くないのが現実です。

「道具は無いけどキャンプを体験したい!」

という人には、コテージ泊でのキャンプがオススメ!

コテージ泊であれば必要になる道具はグッと減り、キャンプそのものの難易度も低くなるので初心者にはめちゃくちゃオススメです。

大人数でも快適に過ごせるのもコテージキャンプの魅力!

今回はそんなコテージキャンプについて解説していきます。

こんな人にオススメ
  • コテージキャンプの雰囲気が知りたい人
  • 初心者だけどアウトドアを満喫したい!という人
  • 子供と一緒でも安心してキャンプを楽しみたい人

コテージ泊の魅力

コテージ泊の魅力は、家のような快適さと、焚き火やバーベキュー等のアウトドアの楽しさを両立しながら楽しめることでしょう。

施設によってはホテルのようにキレイな部屋に泊まりながら、昼の時間は思いっきり非日常感を味わうことが出来ます。

そんなコテージ泊の良いところを解説していきます。

大量の道具は不要

テント泊のキャンプの場合、テントや寝袋、照明器具など様々な道具が必要になります。

しかしコテージ泊ではそのほとんどが不要になり、少ない道具だけでキャンプが可能です。

施設にもよりますが、タオルと着替えと消耗品、食材と食器とちょっとした調理器具が有ればOKな場合がほとんどです。

初期投資を抑えて気軽にキャンプを楽しみたい方は、まずはコテージキャンプを楽しむのもオススメです!

キャンプで必要な持ち物に関しては過去の記事でまとめているため、よければご覧ください!

キャンプ初心者向け!キャンプで最低限必要な持ち物から、有ると便利な道具まで紹介します!最近のキャンプブームもあり、キャンプデビューを考えた方も覆いのではないでしょうか? しかし、いざキャンプに行くとなると最初につまづ...

アウトドア感はしっかり満喫できる

せっかくキャンプに行くのであれば、アウトドア感は思いっきり満喫したいですよね。

アウトドアと言えばテント泊なイメージも強いですが、コテージ泊でもアウトドア感はしっかり満喫することが出来ます。

コテージの外で焚き火やバーベキューが出来たり、用意されているハンモックでお昼寝したりと普段できない体験が出来るでしょう。

自然とオシャレになる

まるで海外のようなログハウスで過ごすゆったりとした時間も、コテージ泊の魅力のひとつ。

木の温かみを感じる空間で、のんびりオシャレに過ごすことができます。

家族や友人たちとコテージで過ごした時間は、印象的でいい思い出となるでしょう。

快適

コテージ泊最大の魅力は快適さです。

日中は自然の中でたくさん遊んだ後で、夜はシャワーを浴びてベッドで寝るというのはテント泊では味わえない快適さ。

電源が自由に使えたり、トイレに行くのにわざわざ外に出なくても良いこともコテージの良さでしょう。

テント泊や寝袋で寝ることに抵抗が有る方でも、ストレスなくキャンプを楽しめるでしょう。

コテージ泊の注意点

いくら快適で簡単なコテージ泊とは言っても、キャンプである以上あるいくつかの注意点があります。

ホテルではなくあくまでもコテージなので、想定外なトラブルを防ぐためにもしっかり設備の確認をしましょう。

設備は施設によってまちまち

コテージ内の設備は施設によっても大きく異なります

コテージ内にキッチン・トイレ・お風呂などすべてが揃っている場合もあれば、

建物内はワンルームでキッチンやトイレは全て共同というバンガロータイプのものもあります。

施設によってはコテージ外での焚き火NGという場合も。

寝具に関してもベッドが備え付けられている施設も有れば、寝袋の持ち込みが前提で布団はレンタルという施設も有ります。

事前によく確認してから行くようにしましょう。

冷暖房の有無

新しい施設であれば大丈夫かもしれませんが、私の経験上コテージの中はあまり暖かいとは言えません。

標高の高い場所にあるコテージであれば尚更です。

また夏の時期であれば冷房も欲しいところでしょう。

夏や冬のキャンプであれば、冷暖房の有無はしっかり確認しておきましょう。

周辺キャンパーへの気遣いは必須

テントに比べて圧倒的に音漏れしないコテージではありますが、それでも周辺キャンパーさんの迷惑にならないよう気遣いは必須です。

キャンプに来る人の中には、自然の中の静かな環境を求めてキャンプに来ている人もいます。

普段と違う環境でついはしゃいでしまう気持ちは分かりますが、夜はあまり大騒ぎしないように注意です。

コテージ泊の持ち物

コテージ泊で必要になる持ち物を、主要なものだけ紹介します。

細かな部分はコテージの設備にもよるので、詳しくは各施設をチェックしてみてください。

  • 着替え・タオル:コテージには何の用意も無いのがほとんど。必ず持って行く。
  • 食べ物・飲み物:売店が有っても、扱っている種類は少ない。余裕をもって用意。
  • 日用消耗品:ティッシュや歯ブラシ等も基本的に置いていない。
  • 調理器具・食器:包丁、まな板などは持って行く。食器も必要。
  • その他:スマホ充電器、懐中電灯、ごみ袋

これらに加えて、コテージに寝具が無い場合は寝袋などが必要になります。

コテージ泊であれば冬場でも、高性能な氷点下対応の寝袋は不要でしょう。

寝袋下に敷くマットも併せて持って行きましょう。

また焚き火可能なコテージであっても、焚き火台が必要な場合が有ります。

この辺りも良く確認しておきましょう。

良い感じのコテージ紹介

ここ最近で見つけた、めっちゃ楽しそうなオシャレコテージを紹介します。

今後も泊まりたいコテージを見つけたら追加していきます!

LOTUS DECK CAMP RESORT

 

この投稿をInstagramで見る

 

LOTUS_deckcamp(@lotus_deckcamp)がシェアした投稿

北軽井沢にある、1日1組限定のキャンプ場である”LOTUS DECK CAMP RESORT”。

森の中のオシャレな建物に充実の装備で、キャンプを満喫できること間違いなしです!

1日1組限定なので周りを気にせずキャンプに没頭出来るのもうれしいですね。

まとめ

コテージキャンプの魅力と注意点を解説してきました。

初心者や子供連れでも安心して楽しめるコテージキャンプは、仲間や家族との思い出作りにも最適です!

キャンプに対してハードルを感じている人も、ぜひコテージキャンプでキャンプデビューしてみてください!

きっと楽しい時間が待っているはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ここまで読んで、「やっぱりテント泊が良い!」

と思った方、初心者向けのテントをまとめた記事も書いているので、良ければご覧ください!

気軽に初キャンプ!初心者にもオススメな簡単設営テント10選 こんな疑問に答えます。 キャンプの醍醐味であり、初心者が悩みがちなポイントでもあるテント。 サイズや...

 

ブログ村参加しています!良ければ応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村