アウトドア

【一目で分かる】キャンプ初心者向けの持ち物一覧表!シンプルなリストで解説

こんな疑問を解決します
  • キャンプの持ち物って何が必要?
  • 必要な道具は大体分かるけど見落としが無いか不安
  • キャンプで有ると便利な道具が知りたい

キャンプに持って行くものに関するこういった疑問を、シンプルな持ち物一覧を使って解決していきます。

何度もキャンプに言った経験を元に、忘れやすいものや重要なものなど、荷物を準備する際の重要なポイントについても解説していきます。

記事前半で持ち物を一覧にしてまとめ、後半ではキャンプの持ち物について詳しく解説しているので、これから持ち物を準備すると言う方はまずは記事前半の持ち物一覧表からご覧ください。

万全に準備をして、忘れ物なく安心してキャンプを楽しみましょう!

【初心者向け】一泊キャンプの最低限のギアと予算は?安心して楽しめるおすすめギアも紹介キャンプ初心者がキャンプデビューするのに必要な予算についてまとめています。一泊のキャンプをしっかりと楽しむ事を考慮した上で最低限の装備を選びました。記事の後半ではキャンプの初期投資を抑えるポイントについても解説します。...

最低限必要な持ち物一覧

まず初めにキャンプの基本的な持ち物を一気に紹介していきます。

キャンプで最低限必要になる道具は基本的に全て入っているので、持ち物のチェックリストとしてもご利用いただけます。

このリストに自分の使いたいものを足したり、不要なものを抜いたりして準備を整えていきましょう。

リストの中で印の付いたものがありますが、それらは「必須ではないけど有ると便利(快適)なもの」としてリストに加えています。

無くて特別困ることはありませんが、可能であれば持ち物に加えておくのをおすすめします。

キャンプ道具

キャンプギア関連の持ち物一覧
  • テント・グランドシート
  • ペグ・ペグハンマー(テントと別売りされている頑丈な鍛造ペグがおすすめ)
  • タープ(夏場の日陰の無いキャンプ場では特に重要)
  • 寝袋・マット
  • テーブル・チェア
  • ランタン
  • ランタンの電池・燃料
  • ランタンポール(照明がより快適な高さに)
  • 焚き火台・焚き火台シート(スパッタシート)
  • 薪・炭・着火剤
  • 革手袋
  • 炭ばさみ・消火用バケツ
  • ライター・ガストーチ等の着火道具
  • アウトドア用の厚手アルミホイル
  • 十得ナイフなどのツールキット(ハサミだけでも有ると便利)
  • ブルーシート(雨対策として何かと便利)

調理・食事関係

調理・食事関連の持ち物一覧
  • クッカー類(作りたい料理に合わせる)
  • 食器用洗剤、スポンジ等
  • クーラーボックス・保冷剤
  • ガスバーナー(コンロ)
  • バーナー用の燃料
  • 包丁・まな板・おたま等必要な調理器具
  • 皿・コップ(紙皿など使い捨てもOK)
  • 箸・フォーク・ナイフ等(割りばしでもOK)
  • ペーパータオル
  • 水・食材・調味料
  • 鍋敷き(スキレット等を机に置く場合)
  • 風防(風がある中でガスバーナーを使う時に便利)

日用品・衣服類

日用品・衣類関係の持ち物
  • 防寒着(春や秋でもキャンプ場の夜は冷えるので注意)
  • ホッカイロ(春・秋のキャンプでも有ると安心)
  • 着替え(靴下・下着・寝る時用のスウェット等)
  • キャンプ用の靴 又は 汚れても良い靴
  • レインウェア・傘(トイレに行く時は傘の方が便利)
  • タオル
  • ティッシュ・ウェットティッシュ
  • 救急道具・頭痛、腹痛などの薬
  • ゴミ袋
  • 汗拭きシート(シャワー等が使えない時に便利)
  • 歯磨きセット
  • 化粧水など保湿アイテム
  • 日焼け止め
  • 蚊取り線香、虫よけスプレー
  • モバイルバッテリー
  • 本・スピーカー・遊び道具等キャンプ場で楽しみたいもの

各持ち物準備の注意点

持ち物一覧を一気に紹介したところで、次は各持ち物の準備についてもう少し具体的に解説していきます。

キャンプギアは付属品・燃料・消耗品忘れに注意

キャンプギア関連の持ち物で注意したいのは、ギア本体でなくギアの付属品や燃料類を忘れてしまう事。

ペグだけ家に忘れてしまったり、ランタンの燃料や電池だけ持ってきていなかったり…

付属品を忘れてしまうだけで使用不可能になってしまうギアも有るため、ギアに関連するアイテムの忘れが無いかを十分に確認しておきましょう。

新品で購入したギアも万が一の欠品の可能性を考えて、キャンプに行く前に付属品が全て揃っているか確認することも必要です。

テントなどは荷物確認と設営手順確認を兼ねて、庭や公園などで一度試し張りしてみるのがおすすめです。

気軽に初キャンプ!初心者にもオススメな簡単設営テント10選 こんな疑問に答えます。 キャンプの醍醐味であり、初心者が悩みがちなポイントでもあるテント。 サイズや...
【初めての1台に!】キャンプ初心者にオススメな焚き火台8選調理をする・炎を楽しむ・装備を軽くするなど、様々な視点からキャンプ初心者向けの焚き火台を紹介します。どの焚き火台も扱いが簡単で使い勝手が良く、はじめての1台にもおすすめできるものだけを厳選しているのでぜひご覧ください!...

調理器具だけでなく食器・調味料忘れにも注意

意外と忘れがちなのが調理器具や食事に関係するアイテムたち。

お皿が無い、調味料が無いなどの忘れ物はキャンプに慣れてからも時々やってしまいます。

バスバーナーや燃料、調理器具などを忘れてしまうと調理そのものが出来なくなってしまうので注意しましょう。

一方で食器や調味料に関しては最悪の場合スーパーやコンビニ等で手に入れることが出来るので、万が一忘れてしまっても安心です。

万が一調味料を忘れてしまった場合は100円ショップが便利ですよ!

Gman
Gman
100円ショップでは使いきりサイズの調味料が揃っているため、家の調味料を無駄に増やしてしまう事もありません。
【手軽にキャンプ飯】初心者におおすすめのガス機器&調理器具7種紹介キャンプ初心者向けに、キャンプ用の調理器具(クッカー)を解説しています。キャンプBBQには飽きた・・・なんて方は、簡単なレシピでキャンプ料理デビューしてみるのがおすすめ! キャンプ料理のちょっとしたひと手間は、キャンプの満足度を一段引き上げてくれるはずです。...

日用消耗品や防寒着の準備は入念に

種類が多く特に忘れやすいのが日用品関係のもの。

日常で当たり前のように使っているものは意外と忘れてしまいやすいため、日々使っているものを思い出しながら用意していきましょう。

ゴミ袋やウェットティッシュ等をはじめ、レインウェアや薬など、いざという時に無いと本当に困ってしまうものばかり。

一覧に無いものでも、日々を振り返ってみて必要そうなものは持ち物に追加すると良いでしょう。

またキャンプでは防寒アイテムは超重要!

キャンプ場の夜は想像以上に冷え込むので、寒い時期以外でも油断せずしっかりと防寒着などを用意していきましょう。

Gman
Gman
地域にもよりますが、4月末くらいでも夜は真冬の服装で丁度良いくらいです。

荷物運びの便利アイテム紹介

最後にキャンプの荷物を運ぶのに便利なアイテムを紹介していきます。

持ち物をスムーズに運ぶためにも、収納・運搬用の便利アイテムを用意しておきましょう。

バックパック

キャンプギアに限らず着替えや日用消耗品、薬類をまとめるにはバックパックが便利。

キャンプで使用するバックパックを選ぶ場合、ポケットの多さや荷物の出し入れの容易さを重視して選ぶと良いでしょう。

Gman
Gman
ポケットの多いバックパックなら薬や消耗品などを分けておけるので、いざ使いたい時に便利です。

私も使っていておすすめなのは、Mil-TecのUS Assault Pack

キャンプでの使用はもちろん、非常持ち出し袋としても活躍してくれる高品質で使いやすいバックパックです。

カラーバリエーションも豊富でおすすめです!

\防災・アウトドアから通勤まで!/Mil-Tec Assault PackをAmazonで見る /カラーバリエーションも豊富\
【Mil-Tec US assault Pack】アウトドア、非常持ち出し袋にも使えるおすすめバックパック今回の記事では、私のお気に入りのリュックである、「Mil-Tec US assault Pack 36L」を紹介しようと思います。 ...

コンテナ

バックパックに収まらないギアを一まとめにしたり、衝撃を避けたいものはコンテナに収納するのが最適です。

コンテナに荷物をまとめておくだけでも、設営時の車との往復回数を減らして設営の労力を一気に省くことが出来ます。

移動や設営に役立つだけでなく、自宅でキャプギアを保管する際も場所を取らずに収納することができるのでおすすめ。

Gman
Gman
普段はアステージのアクティブストッカー600、TRUSCOの折り畳みコンテナを併用しています。

アクティブストッカーは雨も入らず踏み台にしてもビクともしない強度があり、TRUSCOの折り畳みコンテナは軽量コンパクトながら収納力が高くどちらもおすすめです。

何かと汚れやすいキャンプギアも、コンテナに入れて運べば車や服を汚さずに運ぶことが出来ますよ!

\使わない時は折りたためてコンパクト/
TRUSCOの折り畳みコンテナをAmazonで見る
【高コスパ】折り畳みコンテナはキャンプ用品収納ボックスにおすすめ!趣味用品の収納と持ち運びにも便利な、トラスコの折り畳みコンテナの紹介です。業務用なだけある収納力と使い勝手は、趣味用としても便利。そんな折り畳みコンテナの魅力や、ハードコンテナとの比較などをまとめて紹介します。...

キャリーワゴン

大量の荷物を一気に運びたい場合はアウトドア用のキャリーワゴンが便利。

積載能力の高いキャリーワゴンが有れば大量の荷物を短時間で楽々運ぶことも出来て、車とテントサイト間を往復する労力を一気に削減することができます。

家族連れなど大人数でのキャンプであったり、駐車場からテントサイトまでの距離があるキャンプ場の場合はキャリーワゴンも用意しておくことをおすすめします。

まとめ

キャンプでの持ち物についてまとめました。

持ち物準備の注意点
  • キャンプギア本体だけでなく周辺アイテムや消耗品の忘れ物にも注意
  • 調味料やティッシュなど日常で当たり前に使うものほど意外と忘れやすい
  • 救急道具や防寒着などは少し過剰なくらいに用意しても良い

普段とは異なる環境で過ごすキャンプでは、ちょっとした忘れ物で意外と苦労することも。

せっかくのキャンプを台無しにしない為にも、余裕をもって準備をしておきましょう。

特に薬や救急道具・防寒着などは少し余分に用意しておく方が安心です。

記事冒頭の持ち物リストの中に基本的な道具は揃っているので、ぜひキャンプの準備の際にはご活用ください。

Gman
Gman
しっかりと準備を整えて、キャンプを存分に楽しんできてください!

この記事が少しでもキャンプの準備に役立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ブログ村参加しています!良ければ応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村