アウトドア

キャンプ初心者にもオススメ!春秋キャンプをオススメする理由をメリット・デメリットと一緒に紹介

こんにちは。

最近流行っているキャンプ、人ごみも避けられて楽しめるアクティビティとしてチャレンジしようと思っている方も多いのではないでしょうか?

キャンプと言えば夏!というイメージも有りますが、そんなことはありません!

初心者の方がキャンプをしっかり楽しむには、むしろ春や秋をオススメします!

(流石にいきなり冬キャンプはオススメしません…)

今からでもまだ間に合う!

そんな春キャンプ・秋キャンプの魅力やオススメの理由を紹介します。

 春・秋キャンプのメリット

混んでいる可能性が低い

まず、夏のピーク時と春・秋キャンプでは込み具合がかなり違います!

敷地内に自由に設営出来るフリーサイトであれば必然的に他のキャンパーさんと距離が出来ますし、駐車スペースと一体になっているオートサイトであっても隣接するサイトが空いているなど、周りを気にせずキャンプを楽しめる可能性が高いです。

キャンプの醍醐味はやはり自然の中でのんびり出来ること。

人の少ない時期を狙って、落ち着いたキャンプを楽しむのも良いのではないでしょうか?

 汗をかかずに済む

次にオススメする理由は、気温が比較的快適なこと。

暑がりな私にとってはかなり重要です(笑)

キャンプをする以上、どうしても昼間から荷物を降ろしたりテント等を設営しなくてはなりません。

山の中のキャンプ場がいくら涼しいとはいえ、真夏のキャンプではテント設営だけで汗だくなんてこともしばしば。

春や秋であれば汗をかくほど暑くも無いし、夜も快適に眠ることが出来ます。

夕立の可能性が低いのも良いですね!

よりいっそう簡単に設営をしたい場合は、ワンタッチタイプのテントがオススメです!

焚き火を長く楽しめる

涼しい季節だからこそ、焚き火をより楽しむことが出来ます。

気温だけでなく、日が落ちるのも早いので長時間焚き火が出来ますし、冷えた空気の中で焚き火の暖かさを感じるのはまた格別です!

夏キャンプの場合、明るいうちから焚き火をするのは暑いし、かと言って暗くなるのを待って焚き火をはじめるとかなり遅くなってしまいます。

焚き火を存分に楽しみたいのであれば、春や秋のキャンプがオススメです!

焚き火をする場合、直火禁止のキャンプ場が多いため焚き火台は必須です!

他にもメリットたくさん

春・秋キャンプは夏よりも空気が澄んでいたり、食材が傷みにくかったり、虫が居なかったりと他にもたくさんメリットがありますが、ここで念のためデメリットについても紹介しておきます。

デメリット

燃料類に注意が必要

ホワイトガソリンや固形燃料は気温の影響はそこまでありませんが、問題なのは「ガス」。

通常のガスは気温が低いと気化しづらく火が点かない場合があるため、ガスの調理器具を使う場合は注意が必要です。

春や秋であっても、特に朝方はガスが冷えてしまっている事が多いため、低温に強い「パワーガス」を使いましょう。

 日が短いため食事の準備は早めに

日が落ちるのが早いため、食事に限らず設営など様々な準備を早めに進める必要があります。

余裕を持ってキャンプ場に到着できるようにしましょう。

温かい服装を

春・秋のキャンプで最も気を付けなければいけないのはこれ。

天気予報で普段の気温と全く変わらなかったとしても、キャンプ場の気温は基本的に街よりも低いです。

昼間は良くても、夜になるとかなり冷え込みます。

更にテントの中は普段の気温のイメージとは比べ物にならないくらい冷えます。

部屋の窓を前回にして寝るよりも更に冷えると思ったほうが良いでしょう。

筆者は初めてのキャンプが4月中旬、最低気温9℃だったのですが、寝袋の上からダウンジャケットをかけてちょうど良いくらいでした(笑)

とは言っても、きちんと対策すれば大丈夫です!

キャンプ場の気温次第な為ピンポイントで寝袋をオススメすることが出来ませんが、使用可能気温を確認しながら選びましょう。

まとめ

春・秋キャンプについてオススメする理由やメリット・デメリットに関してまとめてみました。

キャンプデビューにもぴったりな季節。

キャンプに興味がある方は今年の秋や来年春のデビューを目指してみてはいかがでしょうか?